2017年11月24日金曜日

番外編:テズリン&ユーコン川⑧(カナダ、ユーコン準州)2014.8

番外編:テズリン&ユーコン川⑧(カナダ、ユーコン準州)2014.8

すべての地図・写真はクリックすると大きく表示されます。

De Havilland DHC-2 Beaver  デハビランドDHC-2ビーバーは7人乗りで、セスナより一回り大きい(13:08)

ホワイトホースから迎えに飛んできたのだ、赤い機体がかっこ良い!(13:08)

室内後方にはトランクルームがある(13:10)

フロートの後部にはフリップアップ可能なラダーが付いている(13:10)

alpine aviation アルパイン・アビエーション社はホワイトホースにあるSchwatka Lake ショワットカ湖のほとりにある(13:11)

アルパイン・アビエーション社hp
宣伝動画等
デハビランドDHC-2の紹介と動画

横揺れを防止して直進性を増加するためか、水平尾翼端に補助板がある(13:11)

佐久間さんから順に記念撮影中(13:12)

機長席は左、私の乗るコ・パイ席は右側、連動して動く操縦桿もついている(13:16)

じゃんけんで勝ち、最前列に乗ることができた!。飛行機大好きの私にとってはテズリン川を下ったのと同じぐらいの大ボーナスだ、笑。

コンソール中央下は、燃料・油圧・油温計、空冷エンジン用の筒温(シリンダー温度)計。

中央の3本のレバーは左からスロットル、プロペラピッチ、燃料の混合比の調整用。

色はもちろんのこと、レバー先端の形状が異なっていて、手探りでも識別できるようになっている。その上のメーターは油圧計、エンジン回転計。

頭上の黒くて丸い、ラジコンカーのタイヤのようなものは左右(ラダー)と水平(エレベーター)、バンク(エルロン)のトリムタブ。

離陸後に操縦桿から手を放しても飛行機が真っ直ぐ飛ぶように、手動でくるくる回してバランス調整を行うための物。ラジコンの中立位置調整のためのレバーと同じ役目だ。

機内はエンジン音が大きくて、お互いの声が聞こえないためヘッドセットを全員がつける。このあたりを仕切っているホワイトホース管制塔と他機との交信が常に流れており迫力満点。カナダエアが空港から、もうすぐ離陸するようだ。

全員乗り込むと、キュンキュンキュンキュン、バラララララという感じであっさりとエンジンがかかり水上機は滑るように前に進みだした。さっきまで我々がカヌーで漕いできた水面に向かってスロットルを開け、パワーバンドにエンジン回転が入るようにプロペラのピッチを調整。

フロートが水面をたたく結構な振動が伝わって来て足を踏ん張って体を硬くする。ぐっと機首が持ち上がり前の水面が見えなくなったと思ったら、あっという間に離陸していた。心の中ではこの曲がずっと流れていた、笑。
紅の豚・時代の風-人が人でいられた時~

上昇後は眼下にユーコン川を見ながらこれぐらいの高度をずっと飛んで行く(13:21)

周りの山の頂と同じぐらいの高度をずっと維持して飛んで行く、たまに山の切れ間を通過すると気流の乱れで機体が揺れる。これぐらいの高度が一番気流の乱れが少ないのか。

眼下には曲がりくねった支流や三日月湖、尾瀬の何倍もあるような広大な湿地、高い木が続く森などが目まぐるしく飛び去ってゆく。あーカヌーも良いけど遊覧飛行は最高だな~。やっぱりマイクロソフト・フライトシミュレーターとは一味違う、当たり前だけど、笑。

天井のトリムタブを調整して、片手でリラックス操縦モード、ときおり管制塔と交信中(13:22)

油温70℃、筒温220℃、良い音でエンジンは回っている(13:22)

ただ乗って景色を見るだけではなく、計器が読めるとずいぶん楽しい(13:23)

速度は95ノット、高度2800フィートで機体を右にバンクさせて旋回中。横滑りは無し、方位290°、毎分50フィートで上昇している。いっぱいアナログメーターのついた操縦席は子供のころに夢見た最高の空間だ、笑。

川の近くに道路が見えてきた、ホワイトホースの街は近い(13:25)


ラバージュ湖の北端を抜けた、徐々に高度を下げてゆく(13:45)

そろそろ人家が見えてきた(13:47)

ホワイトホースの街の上空まで来た(13:54)

さらに高度を下げる(13:54)

前方に着陸予定の湖が見えた(13:54)

本当にあっさりと着水し、プロペラの力で桟橋へ向かう(13:56)

マスコットのワンちゃんがお出迎え(13:58)

桟橋はボートと飛行機の兼用

Cessna 206  セスナ206は5人乗り

De Havilland DHC-2 Beaver と記念撮影

450馬力の空冷・星形エンジン

ユーコン・インに到着後、近くのスーパーでお土産を買い出し(17:14)

シャワーを浴びてサッパリしてから、近くのスーパーでいろいろ買い込んできた。空港の免税店も良いが、普通のスーパーでも売っている調味料やメープルシロップ、めちゃめちゃ酸っぱいグミ、ビスケット、などなど。ローストされたチーズ味のピーナツ(画面中央上)は最高!、今回一番のお土産かも。

ユーコンインからバンでカヌーピープルに再集合(18:22)

カヌーピープルの皆さんや、カートとその彼女、佐久間さん、参加者全員で完漕をお祝い(18:52)

自分一人ではこんなに密度の濃い旅は絶対にできなかっただろうなー。あこがれの地を最高の形で漕ぐことができて夢のような一週間だった。もし、もう一回チャンスがあればシーカヤックに旅道具一式を積み込んで、ラバージュ湖と30マイルリバーを抜けて、フータリンクァから100kmぐらい下流のカーマックスぐらいまで漕いでみたいねー。

このあたりの川ならあまり荒れたところもないので、スピードの出るシーカヤックの方が一日の距離が稼げてトータルで長い距離を漕げると思う。まあ、カナディアンを一人で漕ぐのは効率が悪すぎるし、ラバージュ湖の静水は50kmもある。

店内でユーコンリバー・クエストというカヌー、カヤックを使った川の耐久レースのDVDを見つけたが、リージョンコードが日本と違ったら見れない可能が高いので購入を断念。
日本に戻ってYouーtubeで見ることができたが、、、、うーん最高やね!。

ユーコン・インに戻りちょっと休憩(20:40)

その後は佐久間さんと参加者で地下のバーへ行って打ち上げの2次会(21:59)

地下のバーへの通路にはたくさんのレコード盤が張り付けてあった。

翌朝は、真っ暗なうちにユーコン・インを出発してホワイトホース空港を目指す。空港まで、前方を日本の2倍ぐらいの大きさのキャンピングカーが2台連なって走っていたが、佐久間さんによると東海岸のオンタリオ州ナンバーのレンタカーとのこと。そこからカナダを2週間以上かけて縦断してきて、ここの空港で乗り捨てて飛行機で帰るのだろう、とのこと。
すげー!、日本のキャンピングカー旅とはスケールが違いすぎる、、、、

3時間のフライト後にバンクーバー空港へ到着(7:24)

まだ真っ暗な早朝だというのにホワイトホース空港は出発する人でごった返していた。ハンティング帰りと思しき数人組がいくつもいて、重そうな細長いスーツケースを預けていた。きっとケースの中は、スコープ付きの大型ライフル銃(大型動物用)、ショットガン(鳥用)、小口径ライフル(小動物用)、拳銃(ちょっとトイレに行くときの護身用)なんてのがぎっしり入っているのだろう。そんなケースがいくつも預けられていた。獲物はクール宅急便?で自宅に発送済みなのか。カウンターにある「銃は弾丸を抜いてから預けること」という英語の看板がすごい。


バンクーバー空港内にはハイダのデザインがあちこちにある(7:43)

まだ朝が早いので大きな空港内はガラガラ、出国手続きは他の参加者といっしょに簡単に終了(7:47)

日本への帰りの飛行機は窓際だった(11:34)

バンクーバー島が眼下に見えるが、無意識に出艇可能な場所を探してしまう、笑。帰りはちゃんとイヤフォンが座席にセットされており、映画を見たり寝たりしながら成田に向かう。太平洋は広いがボーイング767は早いなあ。

成田に到着したタイミングで家族と会社の上司にメールを送信。「無事にカナダの荒野から帰ってきました、明日は問題なく出社可能です」長い休みを笑って許してくれた上司と職場の仲間に感謝。
中部国際空港には奥さんと娘が車で迎えに来てくれていた。免許取りたての娘が運転して来たようだ。おやじの一人旅を許してくれた家族にも感謝。
つい昨日まで、人よりクマの方が多い場所にいたという不思議。明日から普通の生活が始まるという実感が湧かない。リハビリには数日が必要なようだ。



←スマホはスワイプで次ページへ→
トップページへ⇒

★記事の場所をGoogleマップで見たい場合は下の「場所」の住所をクリックorタップ

2017年11月20日月曜日

番外編:テズリン&ユーコン川⑦(カナダ、ユーコン準州)2014.8

番外編:テズリン&ユーコン川⑦(カナダ、ユーコン準州)2014.8

すべての地図・写真はクリックすると大きく表示されます。

DAY8:テズリン川の旅は6日目、最終日(7:03)

カートの仕事道具「大斧」(7:12)

昨日の残りのご飯は焼きおにぎりに(7:13)

今朝はさらに冷え込んで6℃ぐらい(7:14)

焼きおにぎりとベーグル(7:27)

チリビーンズとハムと、ゆで卵をベーグルに挟んでいただく、果物もある(7:30)

この6日間、毎日違うメニューで最後まで果物が出てきたが、すごい食糧計画だな~本当に。何度も書くが、食事は本当に大満足の6日間だった。

面白い形をしたコブだらけの木(7:36)

テントやシュラフを干して、出発準備中(8:52)

どっさり荷物を積み込んで、出発準備完了(9:17)

白頭ワシがお見送り(9:45)

速い流れをどんどん下ってゆく(9:56)

このテズリン川は、スタートは2キロぐらいの緩い流れだったが、日に日に流れが速くなり、現在は8キロぐらいか?。

カーブを曲がるたびに変化する景色を見ながら漕いでゆく(10:01)

別のカヌーツアーと並走する(10:19)

昨日、我々のキャンプ地の前を通て行った人たちか。少し下流の右岸から合流してきた。

合計8隻になり、なんだか賑やかな川下りになってきた(10:19)

途中で並走したり、抜いたり抜かれたり。ランダムフォーメーションのまま漕ぎ進んでゆく。

今日も朝から天気がいい(10:25)

もうすぐユーコン川が左から合流してくるせいか、一気に川幅広くなった(10:25)

ゴールのフータリンクァは左岸にあるのでフネを左に寄せてゆく(10:26)

カヌーピープルの裏手を流れていた川の流れがラバージュ湖を通ってここでテズリン川と合流するのだ。

ユーコン川からの流れは淡いブルーグリーン(10:37)

テズリン川の水は透明から薄い茶色という感じだが、ユーコン川は淡いブルーグリーンの色合い。大井川や気田川と同じ色と言えばわかりやすいか?

ユーコン川の水はシャラシャラという不思議な音が聞こえる(10:38)

佐久間さんから話を聞いてパドルを上げてじっと耳を澄ますと、確かにシャラシャラという音が船底から聞こえる。川の水に溶け込んだ細かい砂などがフネに当たって小さな音を出しているそうだ。川の色がブルーグリーンに見えるのも、この細かい砂のせいかもしれない。

ユーコン川の岸辺にはハクチョウたちがたくさん羽を休めていた(10:40)

そしてついに、このキャンプツアーのゴールであるフータリンクァにゴール(10:44)

ここで記念撮影(10:45)

違うアングルでもう一枚、笑(10:45)

すべての船からたくさんの荷物を降ろす(10:55)

フータリンクァに上陸して辺りをウロウロ(10:57)

この日のランチはゆで卵とマカロニサラダ(11:04)

すぐにカヌーピープルのボートが迎えに現れた(11:05)

あちこちで咲いていたピンクの花(11:33)

日本と同じようなタンポポが咲いていた(11:34)

このあたりの夏は非常に短いのだが、春と夏と秋が同時に来てそのまま冬になるのだろうか。

ここのキャンプスペースはベンチやテーブル、かまども有ったりして設備が整っている(11:36)

でも、何もないテズリン川のキャンプ地の方が自然な感じで良かったなあ、笑。

このあたりの案内看板と地図(11:36)

現在地はここ。

ユーコン川は左下のラバージュ湖から北(上方向)に流れ、テズリン川は中央下から北に流れてきて、このフータリンクァで合流するのだ。

ゴールドラッシュ時代のフータリンクァを紹介する看板。

現在は全くの無人だが、当時は村があったらしい。

巨大な外輪船がこのあたりの川を行き来していたのだ。

30マイルリバーというのは、ラバージュ湖からここまでのユーコン川のハイライト区間のことを指している。ゴ-ルドラッシュ時代の遺構などが多く残されているらしい。

小さなログキャビン(11:39)

入り口には巨大な角を持つムースの頭蓋骨が(11:39)

当時の村役場兼、通信所の遺構(11:41)

佐久間さんといっしょに中に入ってみる(11:41)

2階建てで内部は意外と広い(11:42)

外に出ると太陽に外暈が掛かっていた(11:46)

こちらは当時のトイレ小屋(11:55)

奥が一段高くなって腰掛られるような形で洋式便座が付いている、ところ変われば品変わる、笑(11:55)

このボートに荷物とカナディアンカヌーを積載して、ユーコン川をさかのぼって行くのだ(12:01)

このツアー中で最も気温が上がった、27℃(12:03)

カートの履いていたシューズはようやく乾くのか?(12:05)

カートが自分で「ネバードライ」と名付けて笑っていたトレッキングシューズ。こういう靴はいったん中まで濡れたら乾かないという悪い例、笑。

多くの荷物をボートに積載してゆく(12:11)

ここにも秋の実りが(12:21)

佐久間さんについて近くの山までトレッキング(12:29)

左がテズリン川、右がユーコン川(12:30)

手前の青い水がユーコン川、奥の茶色い水がテズリン川(12:34)

水はすぐに交じり合わず2色のままずっと流れてゆく。

尾根の上の開けた場所で休憩(12:34)

再び上を目指して登ってゆく(12:36)

当時使用されていた電信用の通信線(13:01)

画面左上から右下の谷に伸びる通信線。下の村役場兼、通信所まで繋がっているのだろう。電柱などもなくその辺の立ち木や地面に引き回されていてビックリ。

トレッキングから戻ると、お迎えの水上飛行機が到着していた、スゲー!(13:07)


←スマホはスワイプで次ページへ→
トップページへ⇒

★記事の場所をGoogleマップで見たい場合は下の「場所」の住所をクリックorタップ